2014年11月アーカイブ

2014年11月17日

□オススメ鮮魚□

20141117000157.JPG

本日はTrattoria il figo ingordoの鮮魚を紹介します!

概念としては様々ありますが、良く耳にする【活け締め】
その言葉の意味する通り、活きたままの魚を気絶させたのち血抜きする処理方法です。
微生物の繁殖がおこりやすい血液を抜く事により、魚のうま味成分であるイノシン酸に変わる物質を蓄えたまま時間をかけて熟成します。
上記の【活け締め】をすると、魚の脳から信号が送られ
その地点からイノシン酸の熟成が始まります。
そこで脊椎内の神経自体を破壊する事で、もう一歩熟成を遅らせる。
これが【神経締め(神経抜き)】です。
このように魚の鮮度を保ち、味も良くする方法が考えられているのも
古来から生の魚を良く食べてきた日本の文化でもあります。
当店では、血抜き後に一尾ずつ丁寧に神経絞めした鮮魚を送って頂いています。
今回は三重県鳥羽市の離島である答志島から!
ヒラメ•アイナメ•ホウボウ•カサゴ•ハギ•メバル•カレイ•ハタ•マダイ•クエ•イシダイ、、、
漁港直送だからこそ出来るラインナップ!
旬の魚を揃えてお待ちしております!


  • 1
IL FIGO INGORDO

六本木の喧噪から少し離れた隠れ家レストラン
イタリア語が飛び交う店内に入ると伝統的なイタリア料理を五感で感じられるオープンキッチンがあなたの食欲をかき立てます♫

Trattoria il figo ingordoの最新情報を
Facebookでも!
⬇『いいね!』はコチラ!

最近の記事


top