2013年11月21日

□鹿児島 沖田牧場放牧黒豚□

皆さんこんにちは!
とにかく細かく!弐代目です♫


本日は、Trattoria il figo ingordoでしか味わえない
『鹿児島県 沖田牧場の放牧黒豚』を紹介します♫


沖田黒豚牧場で主に飼育されている【かごしま黒豚】という品種は他の黒豚と違い
4本の足先、鼻先、尾の先の計6ヶ所が白い為
別名『六白黒豚』とも呼ばれ、1999年に商標登録されています!

肉質の特徴は、研究結果から次の5つに表されます。
◇肉の繊維質が細く、食べた時に歯切れ良い
◇保水性が高く肉質がしまり、脂肪組織の水分量が少ない
◇中性糖やアミノ酸含有量などの旨味成分が多い
◇脂肪の溶解温度が高いため、脂がべとつかず さっぱりしている
◇豚肉特有の臭みが無い

まさに最高の豚肉です♫


美味しい黒豚のルーツは、沖縄や奄美大島で飼われていた島豚にあります!
戦国時代から薩摩国(現 鹿児島県西部)では、豚肉を歩く野菜と呼んで重宝されていました。

江戸時代、鹿児島に島豚が持ち込まれ
明治に入ってイギリスのパークシャー種と掛け合わせた事で【かごしま黒豚】が生まれました。

鹿児島史に必ず登場する豚。
それだけ愛されて切磋琢磨して今の黒豚に至っています♫

そんな歴史ある黒豚を
「こだわってきたのは量ではなくて質です。
銭勘定が先にくればこんな飼い方はできんでしょう。
飼育法を公開しても、誰も真似しません。」
〈沖田黒豚牧場facebookページより〉
http://www.facebook.com/okitakurobutabokujyou

鹿児島の北海道とも呼ばれる標高の高い山間部に『沖田黒豚牧場』は、16㌶(東京ドーム約3個強)の広大な敷地を有してます。

沖田牧場の黒豚たちは、この広大な牧場内で好きな時に草を食べ
起伏の豊かな地形で坂を駆け登り、疲れたら土を掘り横たわる。

その起伏は、雨が降れば黒豚の糞尿を洗い流し、風通しと日照条件にも恵まれた土地は衛生的で緑も豊かに育ちます。

餌は
■麦
■サツマイモ
■トウモロコシ
■大豆かす
■醤油かす
■米ぬか
これらを混ぜて発酵させた、添加物を一切加えない沖田牧場オリジナル。
自然のサイクルの中、牧場内のミネラルたっぷりの土を食べ、健康でストレス無くのびのびと育っています♫

最高の環境、最高の餌、最高の飼育技術とこだわりが詰まった鹿児島沖田黒豚は年間に千頭程度しか出荷出来ません。
その価値はまさしく別格扱いで
価格がブランド牛肉並になる事も珍しくありません。

このように、他にはない独自のこだわりで黒豚を育成しているのが沖田黒豚牧場です!

そんな貴重な『沖田放牧黒豚』に惚れ込んだIl figo ingordoでは、ほぼ全ての豚肉料理に余すとこなく使わせて頂いてます。

都内ではほぼ食べることが出来ない最高の豚肉を最高の調理法で!

皆様の御来店、心よりお待ちしております♫
 
1464002_572275986160307_60714139_n.jpg



カテゴリ:

IL FIGO INGORDO

六本木の喧噪から少し離れた隠れ家レストラン
イタリア語が飛び交う店内に入ると伝統的なイタリア料理を五感で感じられるオープンキッチンがあなたの食欲をかき立てます♫

Trattoria il figo ingordoの最新情報を
Facebookでも!
⬇『いいね!』はコチラ!


top